低用量ピルの詳細。

低用量ピルとは、服用方法や服用量をきちんと守ることで100%に近い数字で避妊が可能な避妊薬です。
従来のピルは注用量ピルなどで、ホルモン量が多く、女性への負担が高く、副作用なども頻繁に報告されていました。
その点低用量ピルは、安全性が非常に高く、デメリットがほとんどないピルになります。
妊娠を望まない場合、コンドームを着用してる方がほとんどだと思います。
もちろん、妊娠を望まない場合、コンドームは必須アイテムで、避妊や性感染症予防に甚大な力を発揮いたします。
しかし、避妊の確率は以外にも少なく8割程度しか防げないとしています。
コンドーム自体が破れてしまった、穴が開いていた、抜けてしまったなど原因は様々ですが、決して100%では無いのです。
そのてん低用量ピルは、99%の確率で避妊してくれるので、服用していれば妊娠することはほぼないです。
代表的な製品で、マーベロンとトリキュラーとよばれるものがあります。
この両方とも、生理の開始日から飲み始めます。
生理初日に服用することで、すぐに避妊の効果が発揮できます。
21日間大体同じ時間に1錠服用します。
もし、飲み忘れてしまった場合は、すぐに服用を中止し、他の避妊方法を取るようにしましょう。
そして、生理が来たことを確認し、また位置から飲み始めます。
そして21日間飲み続けると、今度は飲み忘れ防止薬として、ブラセボ(偽薬)を7日間続けます。
(マーベロン21はブラセボが含まれていないので要注意です。)
トリキュラーも、マーベロンも服用方法を守ることでメリットがかなり多い避妊薬となります。
避妊作用だけでは無く、女性ホルモンを整えてくれるので、ニキビ予防などにも効果的です。
他にも女性特有の疾患の予防にもなり、いいことづくめなのです。
欧米諸国などでは、低用量ピル、大変メジャーなものです。
多くの女性が使用しています。
日本ではまだまだ、この文化は浸透していません。
特に若い女性の中絶率が高いので、若い女性にぜひ服用してほしい避妊薬です。
自分の体を守るには自分自身で守るしかありません。
副作用もほとんどないので、手軽に服用できます。
婦人科などでも、購入できますし、最近では海外から個人輸入も可能です。
服用の際は必ず用法容量を守りましょう。

低用量ピルの通販は身体に合った避妊薬を選択する事が大切です。