妊娠の回避方法

避妊とは、妊娠を望まないセックスを行う時にすることです。
方法は様々で、代表的なものがコンドームとなります。コンドームはポリウレタンやラテックスなどで作られているゴム状のものです。
男性性器に装着することで、精子が外に漏れないようにします。
この方法は一般的で、妊娠を望まない場合ほとんどの方が使用していると思われます。
しかし、コンドームの避妊の成功率は100%ではないことをご存知でしょうか?
たまに射精時のみに着用する方がいらっしゃいますが、精子は精液以外にも含まれています。
射精時のみに着用することはつけてないのと同じことなのです。
そして、最初から着用していても、コンドームが破れたり、射精した後に膣の中にコンドームを置いてきてしまったりと失敗は様々あります。
もし本当に妊娠を望まないで失敗してしまった場合は、回避の方法が実はあるのです。
アフターピルと呼ばれるピルを服用することで、回避することが可能なのです。
性行為して失敗してから72時間以内に服用すれば、80%の確率で防ぐことができます。
アフターピルは時間との勝負で早ければ早いほど、効果は絶大です。
24時間以内に服用することで95%の確率で妊娠を回避することができます。
しかし逆に72時間以上たってしまうと効果が得られませんので注意が必要です。
失敗したら毎回服用すればいいのか?ということですが、それは大きな間違いです。
アフターピルは女性に多大な負担をかけてしまいます。
急激にホルモンをくずしますので副作用などが出てしまう方がほとんどです。
めまいや、嘔吐など様々ですが、代償はかなり多いものとなります。
緊急避妊薬と呼ばれており、本当の緊急時のみ使用しましょう。
もし近くに病院が無い場合などは前もって購入しておくと大変便利です。
鞄の中に忍ばせておけばもしもの時に活用できます。
アメリカなどでは15歳以上であればだれでも手軽に店頭で購入することができます。
日本では残念ながら、医師の処方でしか手に入りません。
海外から個人輸入で購入することはできます。
ただし、あくまでも個人で使用する場合のみとなりますのでご注意ください。
もし、使用して副作用がひどい時などは医師に相談しましょう。